HOKUTO resident
/archives/2726

病院詳細

東葛病院

千葉県/

病院の写真

▪︎ 口コミ

全18件

5年 見学した 2020年度

口コミの問題を報告(採用で50p)

良い点

研修医には寮があって、広くて綺麗で快適だそう。ちゃんと部屋は人数分確保されているので、」空きがあれば入居可能、なければ自分で探してね」という心配はない。家賃も自己負担は実質二万円しないくらいで安い、貯金もできる。また、寮と病院・最寄り駅も目と鼻の先、といった距離である。周辺は住宅街で静か。スーパーも近く生活には困らないだろう。最寄り駅の流山セントラルパーク駅は閑静な印象だが、隣駅の流山おおたかの森に出れば若い世代向けの店が多く入ったショッピングモール、大型書店などもある。つくばエクスプレスのおかげで都心へのアクセスがよい。ディズニーランドも行きやすいので遊ぶ場所にも困らないだろう。研修担当の秘書さんが男性、女性の計2名おり、研修医と年代が近く話しやすい印象。毎月のように面談をして研修科目、研修内容について意見や希望をきいてくれて、研修責任者や上級医の先生に伝えてくれる。朝は8時45分からミーティング。朝のカンファレンスで上級医の先生にいろいろ教えてもらえる。ミーティング前に朝の学習会のある曜日があり、英語の論文を読むくせがつく。調べものについては、図書室のようなところがあり、手技の本やガイドラインなど借りられる。また、pubmed、医中誌、uptodateはじめ、電子ジャーナルはおおかた契約しており無料で読める。Idとパスワードも教えてもらえるので、自宅でも調べものができる。主に研修医を直接指導するのは、後期研修医の先生で、初期研修から残っている先生が多く、初期研修医のことも病院のこともわかっているので話が通じやすい。後期研修に残る先生は半分くらいで、別に残ることを強制されるわけではない。手技については、誰がどの手技を経験したか正の字で記入していく表がスタッフステーションにあり、上級医が把握できるようになっている。経験していない手技があったりすると呼んでもらえるらしい。総合診療科に力を入れており、5月からの導入期は6ヶ月間をまわる。受け持ち患者は最初は一人からスタートで、自分のペースにあわせて徐々に増やしていくイメージ。スタッフステーションは壁のようなものがなく開放的なつくりで、電子カルテ用のパソコンは十分な台数。上級医の先生と隣などすぐちかくに座って、処方や処置、紹介状の言い回し、書き方といった些細なことなどすぐに相談できる。初期研修医のハードルのひとつである、「忙しいかもしれない上級医にピッチをかけて上級医の判断をあおぐ」という機会は少なく、そこは気楽だろう。4月はオリエンテーションで、各部署にあいさつまわりしたり、看護師さんの仕事を経験してみたり、病院食を食べてみたりする。ここの期間で、研修医同士はもちろん、コメディカルスタッフとも顔見知りになり、良好な関係になれるそうだ。一年目の夏ごろから、週1回ペースで、救急の当直に加え、昼間、半日の外来・処置も入る。救急専門医の先生が常に救急部にいてコンサルトできるが、二年目の先生が、一年目の先生を指導しつつ、主体的にほとんどこなしていた。午前中のみ救急部の見学をしたが、救急車は三台程度でだった。救急専門医、二年目、一年目の三人プラス看護師さん二、三名の体制。ベッドタウンであり、流山市が子育て支援に力を入れていることもあり、子供が多い地域である。小児科志望ゆえにここで研修するという先生も多いそうだ。女性医師への支援は手厚く、子供の送り迎えできっちり帰る先生に対する院内スタッフの意識も優しい。一年目の研修後、産休をとってから初期研修に復帰することも可能である。研修医の男女比にも偏りはない。男性1名だった学年もあるぐらい。中規模病院だが比較的診療科は揃っている。精神科は外の病院だが、朝がとても早いというわけではなく、自家用車を持っていない人や、電車通勤でもだいじょうぶだそう。見学時はスクラブを貸してくれる。名札も用意してくれる。名札用に写真を撮る。院内は立て替えたばかりできれい。見学した階は薄いグリーンを基調としたデザインで、病院特有の白ばかりで重い雰囲気はない。研修医室がある。医局とは壁、ドアがあるので、言いたいことはしゃべれる。

5年 見学した 2020年度

口コミの問題を報告(採用で50p)

気になる点

今年は新型コロナの影響であまり開催されていないが、院外活動と呼ばれる、病院の所属している団体の活動があるようだ。院内の掲示物なども、予定表や業務連絡に紛れて、団体関連のものが掲示されており、過敏に反応してしまうあるいは苦手な人は考慮した方がよい。研修医はじめ職員自体は一部を除き全員が活動に賛成しているわけではなく、仕方なく、という意識なので、団体の奨学生出身ではなかったり活動に抵抗のある人でも、疎外感はないだろう。職員食堂がないようだ。お昼はお弁当を注文しているらしい。食べるところは医局とつながっているというか、医局の一部に飲食スペースがあるイメージ。交通費と前泊は自腹である。千葉県の医師募集サイトに登録すると県からの補助がある。また、二日以上の見学をすれば病院から補助が出る。前泊するなら、最寄り駅周辺はホテルがないので、隣駅直結のホテルがおすすめ。ほかの研修医との調節もあるからだろうが、次にどこの科をまわるか、が決まるのが遅いことがあるらしい。ある程度プログラムが決まっているので、自由選択期間もフルではない。ただ、前述のように、まめに希望を汲み取ってくれるので「ここまわるの1ヶ月の予定だったけどもっと回りたい」や将来の志望にあわせて期間を増やすことはできるらしい。指導医の出身大学を海外としたが、たまたま見学時いた先生がそうだっただけで、留学経験者や海外大学出身者を優先して採用しているわけではない。ここを選ぶ理由としては、小児科志望か、団体の奨学生で一年生から見学に来ているから馴染みがあるか、首都圏で働きたいけれど倍率高すぎるところは嫌だ、が多いそうだ。研修医への指導は非常に丁寧。前述のように、指導にメインであたる後期研修医は初期研修からいる人が多く、上級医へのコンサルトに緊張するのもわかってくれているし、初めての手技で緊張していてガウンテクニック間違えた研修医にもだいじょうぶだよ、と声をかけるなど優しい。

▪︎ 病院情報

総合点

★★★★★
★★★★★
3.83 (6件)

学歴フィルター

弱い
強い

忙しさ

ハイポ
ハイパー

研修スタイル

勉強重視
手技重視

研修医の裁量権

小さい
大きい

指導医の面倒見の良さ

放置
手厚い

女性の働きやすさ

最低
最高

マッチ者数/定員

6 人/ 8 人

強い科

内科/救急・ICU/麻酔科/総合診療科

上級医の主な出身大学

筑波大学/弘前大学/その他大学(海外)

病床数

366

給与

354,000円/月

救急指定

2次救急

病院見学情報URL

http://www.tokats...

口コミを書く

▪︎ この病院を見ている人が比較している病院

名戸ヶ谷病院

千葉県 クチコミ最新追加日:20/09/07

★★★★★ ★★★★★ 2.69/30件

ややハイパー

救急・ICU/脳神経外科...

600,000円/月

247床

船橋二和病院

千葉県 クチコミ最新追加日:20/10/05

★★★★★ ★★★★★ 3.5/21件

ややハイポ

内科/総合診療科

327,920円/月

299床

定員割れ

NTT東日本関東病院

東京都 クチコミ最新追加日:20/10/05

★★★★★ ★★★★★ 4.17/104件

ハイパー

消化器内科/内科/脳神経...

233,400円/月

627床